シアリスを使ったED治療を行う横浜のクリニック

シアリスってなんだ

ED治療薬・・・それは魔法のようなフシギな薬です。
まずはバイアグラ、そしてレビトラ、さらに第3のED治療薬として登場したのがシアリスという薬です。
バイアグラにはクエン酸シルデナフィル、レビトラにはバルデナフィル、シアリスにはタダラフィルが有効成分として配合されています。
これらの3つの有効成分は、いずれも医薬品のジャンルとしてはPDE5型酵素阻害薬です。
PDE5型酵素阻害薬というのは、体内に元々あるPDE5型酵素の働きを邪魔する医薬品です。
PDE5型酵素は体内でどういった働きをするかというと、それは勃起が起こり終息する仕組みに関わっています。
男性が性的刺激を受けたり興奮すると、体内に一酸化窒素が放出され性器の細胞内に血管拡張物質がたくさん作られます。
その結果、陰茎の海綿体の中にある動脈血管が拡張して大量の血液が入って勃起が起こります。
そして、勃起が終わる時には体内の酵素の一種であるPDE5型酵素が血管拡張物質を壊します。
血管拡張物質が少なくなると陰茎内の動脈血管の圧が低くなって血流量も減少し、勃起現象が終わります。
3つのED治療薬の主成分であるクエン酸シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルは、いずれもこのPDE5型酵素の働きをブロックする効果を持つ薬です。
PDE5型酵素が働かないことによって血管拡張物質が減らないので、血流も確保されて勃起が持続するのがこれらのED治療薬の効能です。
ここで、3つのED治療薬のうち、横浜のクリニックでも使われているシアリスには、バイアグラとレビトラにはない特徴があります。
それは、一旦体内に吸収されれば飲食の影響を比較的受けにくく、また薬の効果が持続する時間が従来のED治療薬バイアグラ・レビトラよりもかなり長いという点です。

シアリスってなんだ | ウイークエンドピルとして

横浜 シアリス | タダシップ@通販